まぁゆっくりしていけ(^し^)

適当に書き連ねさせて頂きたく早漏

「華竜の宮」を読んだ感想

上田早夕里さんの「華竜の宮」を読みました。


買ったのは今年の初めとかだったんですが、その前に積んでる本を消化してたらいつの間にか生活も変わってしまいました。


以下ネタバレあり総評


2010年に出版された本作は、あの東日本大震災の前年に生まれました。
あの災害とどう関係があるかというと、やれ地殻がどうのマントルがどうのと作中で描かれるからなのですが……
ある意味、想像上のパンデミックが実際に起きてしまったという最早そのままでもSF小説に出来そうな事が起きてしまったんですよね。
いやぁ面白いですね。

本作品は、リ・クリテイシャスという大規模な海の温度上昇によって南極の氷が溶かされ、海面が260メートル上昇した大災害によって、人類は海で暮らす海上民と僅かに残った陸地で暮らす陸上民とで別れた世界です。


独特な設定です。この「海上民」というのも遺伝子操作された人間であり、海で暮らすために様々な機能を備えていたりと、SFって感じがハンパないです。

海の中には独特の生態系が新たに築かれ、陸上では陸地の奪い合いや新たに出来上がった政府や連合が日々他の勢力を出し抜く為に画策している世界。

主人公は青澄。
「外洋公館」という、海と陸との交渉が専門の場所で働くお役人です。

そしてそのサポーターとして、これまた近未来的な「アシスタント知性体」のマキ。
マキには身体が無く、「ボディ」という体を用意されなければ行動はできません。
しかし、アシスタントというだけあって、パートナーとのリンクをすることで、脳内物質の調整からクリアランスレベルによる深い部分の情報操作まで可能なのです。
面白い。

マキに人格はありませんが、パートナーとの生活の中で各々それらしきものが育まれていく様子が下巻にて読み取れました。


少し感情的に書かせてもらうと、非常に感銘を受けました。こういったら上から目線な感じですが、本当に凄かったです。素晴らしい。ここまで練られた作品があるのか、といった感じ。

海と陸、朋と知性体。対比何でしょうかね。

どちらかと言えば、海で暮らすのと陸とでのヒューマンドラマ的な内容よりは政治寄りで、それに世界観が加わって広がりを見せていく雰囲気。面白い。


いやぁ面白い。マジで面白い。


最初買う前にどっかのレビューで翠星のガルガンティアとか見たような気がしたけど、あれはあれで海上世界だけど、これもマジで面白い。なによりリアリティって感じ。
海上面の上昇と共に発生する難民の受け入れを拒む各先進国。そのためになりふり構わず人体実験を認可し、殺戮兵器を生み出した人間。負の歴史。


そして物語の終盤で明らかになる「華竜」。


そうまでして人間は生きる価値があるのか。
生きること自体が罪なんだ。産まれてしまったがために必死に生きようともがく獣舟。袋人。

生物の生への執着や、地球から人間へ当てた終焉の感覚が大変そそらせてくれました。
大変満足です。感謝。この小説と巡り会ったことに感謝。マジで買って損は無い。面白かった。

淘汰せし身勝手な我々

結論から言おう。我々はワガママである。

 

 

あなたには嫌いなものがあるか?

 

私はデブとバカが嫌いだ。食べ物ならチェダーチーズとガーリックライスだ。

 

そんな私は、マックではチーズの入ったバーガーは絶対に買わない。

カールも食べない。それから深夜のコンビニや低学力の学校が嫌いだ。

それから「すぎる」のも好きではない。頭が良すぎてもお金を持ちすぎててもダメだ。

 

そんな私は嫌いなものを避けているのだが、嫌いなものの度合い的に、近付けられたら死ぬような物はない。

チェダーチーズもデブもバカも、嫌いだが食したり接しても死にはしない。

 

要するに嫌悪感と我慢強さの問題なのだ、社会人の癖に我慢強さが足りなさすぎる。

別に自分が特段我慢強いとは思っていないが、今の人たちは警戒心が強すぎる。

アレルギーとかで身の危険を守るならともかく、ほんの僅かな擦れるような危機感に心を動かされすぎなんじゃないか?

 

簡単に繋がれるから、簡単に淘汰して選別するのか。当然の推移だが、合理性はその場その場で違っていくぞ。

何でもかんでも嫌いです嫌ですで通るほど世の中を甘くするには、まず自分が力を持たなきゃいけない事をわかってるだろうか?

世の中辛い事の方が多いのだから、尊大な強欲思想の割に努力が足らないだろう。

そんな私には他者への共感の努力が足りていないのだろう。猛省。

 

ニュース・報道メディアの重要性

ここ数ヶ月ほど、ツイッターで『漫画村』というサイトの権利やモラルや法律諸々の話題が連日話題になっている。



ということを知っているだろうか?



今回、私が書くのは、情報の伝達距離についてだ。


上記の話題は主に『マンガ』『違法サイト』の2つの分野に関連している。
この2つに日頃関心を持つ人ならば老若男女誰でも情報を得られる訳だが……

私はここで、この話題を1つの『部屋』とする。(2ちゃんねるに親しみのある人間ならばスレッドと例えれば良いだろうか)

この部屋にいる人達は、テーマである『漫画村』の違法性や道徳について利用者とのレスバトルを繰り広げている訳だが、内容は似たり寄ったりになる。

ツイッターという議論する場の形式上、結論は出ない。常にnとxが互いの言い分をぶつけ合っている。


では、議論の流れが何故似た物になるか。


結論から言えば、その部屋の『住人』に問題がある。

ツイッターでそんなマンガの違法サイトにとやかく言う人間は、大抵オタクか漫画好きな高校・大学生だ。 分かりきっているが。



しかし、この部屋にあまり縁の無い社会人が入ったらどうだろうか?


代わり映えしない内容にまず『内容の整理』が追加されるだろう。
次に『常識』、そして『個人の意見』と来るのが普通だろうと予測を立てた。


・内容の整理
これで得られる物は落ち着きだ。何のために議論をしているかが明白になる。

・常識
これが議論の本題になる。人によって違う考え方、常識。それが定まっていない学生だからこそ、ここで擦り合わせが発生する。



最後に『個人の意見』だが、ここがこの思考実験のターニングポイントだ。


似たものを摂取して生きてきた人間の中に、唐突に全く別の方向からの思考が飛んできたら?

各々の持つ意見、主義。ちなみにWikipediaの[主義]のページには200を超える世界の主義がある。


途方もないかけ算の様に思うかもしれないが、結論の方向性だけは決まっている。


モラルを取るか、個人の利益を取るか。

コレクション欲や古本屋や転売屋、データ吸出し等々は話のオプションだ。


ここに政治関係者や投資家(学生とかけ離れた存在のイメージとして挙げた)等や、マンガに関わりの無い我々一般人らがそれぞれの思考を持ち寄り、この話題に冷静に議論できる場があったならば、醜い喧嘩も納められるだろうか。




という事でこのタイトルを付けさせてもらった。
ツイッターという様々な条件を通り抜けなければ辿り着けない議論の場と、マスメディアという極々基本的な情報発信の機能を比べて欲しい。

そしてそれらよりも重要なのは、『興味』だ。

情報が届いても、『その他大勢』に届かなければ意味が無い。
報道は大変だ、情報社会は大変だ。

未知との遭遇、死の感覚について

やっばい、ふと何かに対して恐怖というか不安を感じてしまった


今の私の年代(高校卒業)特有の未知への恐怖や他人との繋がりに対して。

周りを適当に俯瞰して楽観的に見れる期間が終わる事が、自分の究極のアイデンティティーの崩壊に繋がるんじゃないかと不安になってしまった。


あまりに私が幼過ぎて、自分の世界が小さ過ぎて怖くなってしまった。



私は未だ煙草も、酒も、女も、やっていない。

私は今死んでいる気がする。

経験の放棄を起こしてしまっているのだ。

知識至上主義の私からすれば、これは大変な恐怖である。

未体験の事象について、私はそれの深度も形式も形状も動作も分からないのだから。



恐怖の具体的な物について、差し当って私は物理的な『死』は経験したと言える。


私の中の曖昧な道徳観念の下に書くと、身近ではあったが関係は互いに割り切っているような、そんな感じの相手。

学校の終わり、帰り際に連絡が来た。

年上の彼の訃報は私にとってあまりに理解にし難かったものだった。


泣けばいいのか。明るく振る舞えばいいのか。


結局、私はそこそこに哀しみを交えながら遺族の方々の配慮を受け、ぎこちない応対と手を合わせただけだった。

その時の感情は、憐れみや悲しみとは違い、あくまでも現状把握に務める自身のある種非情な感覚を感じつつ、それに対して酷くぼんやりとした涙擬きを振舞った私への小さな怒りだった。



書きつつ、脚色が強くなった自負を感じている。
具体的な行動を思い出して、書いていこう。



私は棺に収まった彼の白くなった顔を見て、全身の皮膚から実感の蜘蛛が這い回る感触を受けながら、隣の同級と一、二言の憐憫を交わした。

そしてまばらに空いたパイプ椅子に腰掛け、僅かに育まれた後輩としての友情や尊敬と少しばかりの遊んだ思い出とを、走馬灯の様に編集された脳内映像を見て、目を伏せて溜まった涙を拭った。





物語の様な書き方になっていないか、そもそも物語と日記とブログとの境界も理解していない為にその心配は無意味か。

しかし、これは侮辱にあたってしまうかが私は不安だ。

敬意はやはり払っていたし、それなりに思い出もあったし、助けられもした。尊敬も出来た。
所謂『オタク』である私との接点も多く、話題を合わせようと互いに譲歩をしていたように思う。



『死』といは概念なのだろうか?

物理的には脳機能、身体活動の停止、どちらも揃って意識が消える事が死だと考えられるが、

あくまで定義はされていないし、一生されないだろう。

解明される事の無い未知の世界。



人は、全ての物事の目的として安心を求めて行動する。

未知は恐怖だ。弾圧対象だ。下手に手を出す事は生物学に反している。

未知を恐れるのではなく、未知を捉えられない事に恐れている。

経験や知識に基づいた常識から外れた、本当に得体の知れない何かに直面した時、私は簡単に理解を放棄して発狂してしまうのだろうか。

『つらい』に秘められた情景

A:辛い。

↑に対する適切な返答を答えよ。
なお、貴方はAさんに対してBさんであり、関係は「親しき間柄」とする。




辛いという言葉は幸せと見た目が似ている。

辛(しん)にちょっと棒足してピッチリさせたらこんな感じだ。



辛いに対しての私の解答は複数ある。こうだ。
 
①私も辛いからね。キミの辛さに同意する気力が薄いから、『そうだよね』以外に掛けられる言葉は無いよ、ごめんね。

②大丈夫?私には励ます事しか出来ないけど、無理しないでね。無理なら私に頼ってね、出来ることならするから。

③辛いよね、でも、いつかその辛さは終わるよ、頑張って。




薄情な人間である事を白状しよう。

関係性がどれだけ深かろうと他人の事を知る事は出来ない。
相手への理解をハナから諦めているから、こういう解答になってしまうのだ。

無論、それだけでは角を立てまくる事になるので、『譲歩』という形で推し量る素振りを積極的に提示している訳だ。


薄汚く小賢しい人間だろう。しかしこれすらも諦めだ。
綺麗になろうとした人間しか真に汚くはなれないんじゃないか。そう願い、何もやりきる事の出来ない私は今既に辛い。
辛さを直視する事が、辛い。

未知の発見の快楽

哲学とは、気付きの最たるものであると捉えている。
物理的発見の齎す快感の度合いが、哲学思想による思考の拡張に遥かに見劣る為だ。

先日ツイッターでバズった、

大人になって、野菜食べたら健康になるし勉強は本当に大事だし etc 伏線回収的な快感がすごいから大人がネタバレしたくなるのもわかる。

なるツイートがあった。


唐突に世俗的な内容を挿入したのを挿入した意味は、
物理的な発見(体験に基づく)と理論的な発見(新たに得た情報による発見)の快感度についての具体的な内容の提示のためだ。



私が情報的未知の発見にこだわるのは、私がモノよりも情報の知的財産の価値を深く認めているからと推測できる。

モノの用途がモノそのものに設定されているか、その用途を自分で考え出せるかの違いに人間の価値が出てくるだろう。


話を飛躍させてしまったが、情報を得ることも基本的には能動的なアクションが必須なので、私はとりあえず風呂に入ってこようと思う。


肉体が簡単に鍛えられないのに、精神が簡単に鍛えられると思うのは浅はかだ。

高校卒業に際し、私の心の内を連ねる

いっけなーーい、遅刻遅刻!
私、匿名希望はめんどくせ〜が口癖の半分欝半分怠惰の化身な高校3年生!

そんな私が通う高校は豆が名産のとこにあるの!
そんでもって普通科じゃなくて、ちょっと特殊な専門科に所属ってる感じ?

そんなこんなで、泥や汗にまみれた3年間の華々しい青春時代もこの春でもう終わり……。

という訳で!卒業間近の私が、この3年間で得たものや感じたものの中でピックアップして語ろうと思った次第なのよ!

読んでる人は文面の違和感は気にしないで、男だし


その1 社会人は誰しもが大人じゃない!

社会人だから、仕事してるからって理由で大人に対して、自分の中で『自分は常に教えられる側であり、素直な吸収と自律的な奉仕』が求められていると思っていたよ!有り体に言やぁ社畜って奴だね!

それが意外とそうでも無いらしく、大人ってのは怠惰で傲慢で、時に子供より子供であるべきと判断したよ!

大人だから大人であるのではなく、その人だから大人でも子供でもある。逆も然り、パラドックスみたいな雰囲気があるね


責任や自立した生活ってのは、より人間らしく、仕事の手抜きや身の振り方、情熱の使い方や妥協とかってのを教えられるんだろうね。



その2 不安感を与えずに上へと上がるのは難しい!

うつけが人の心に響かせる何かを持っているのは明白で、しかし団体には波及しない。

洗脳をするなら個人、数人、団体と、陶酔の電波を拡げていく様に、まずは単体の人間の心ゲージを貯めていく。

するとその人を中心に、周囲に微弱な波が発生する。
周りの人間の警戒心は薄れ、次からの洗脳に上向きの結果を齎す。

私はこの考え方に、ミームウイルスの様なイメージを持ってるよ。当然といえば当然だね。


きっと、こういう考え方は少数派で、対面して意味を理解させるのは私の話力じゃ難しいんだろうな……


その3 『人間』は気持ち悪い!

人間を括弧に入れたのは、それをジャンルとして見た時に適当だと思ったから。

そしてこの理由は……
生物の中でも高等知識を有する故か、人間の善悪はピッタリ中間であると判断しているから。

よって、バランスが取れすぎていて気持ちが悪い。自然的じゃない。

生物ならばもっと不安定であるべきだ。
テクノロジーの発達×本来波状になっているべき善悪、魂の質±環境要因によるブレ。


きっと、人間の発達には完璧な計算式がある筈だ。
未来の偶像化は出来なくても、限りなく確定的な未来の推定は出来る。


その4 自分の欲求が不明!

とりあえず死にたくはない。よってきっと欝ではない。美しいモノは美しいと感じられる。大丈夫。

恋愛も最低限やってる。人間してる。
あー、将来どんなんのかなー、なんて漠然とした『高校生』らしい悩みも抱えてる。

たまに、自分が浮いている感覚がある。
地面についているはずの足から感覚がフッと抜けて、支えを失った上半身の重みに思わず倒れそうになる。

善悪やモラルの是非が分からなくなる。

生命は尊重して、人権は尊重しない。
自意識や利益は尊重して、社会的マナーは尊重しない。
モラルは尊重して、人間関係間の気遣いはしない。


ガワ被ってんのか頭が悪いのか余裕が無いのか、一貫性の無いフワフワした感じ。絶妙に子供らしくて最高。

高校生ってのは伝説の期間。
普通に過ごしてたら、普通に最高な時間になってしまう。

好みは広がるし甘酸っぱい経験もあるし友情も育める。


良い時間だった。
からこそ、最後くらい、台無しにしたいのです。

あーあと数日やーどうしよ、、